スポンサーリンク

10年ぶりの日本

日本に住む

約10年住んだマレーシアを後に、日本に戻ってきたのが2016年の4月。
ここまでざっと数えて、15回引っ越ししてきました。
転勤族でやむなく、というんじゃないんです。若いときはキャンピングカーで放浪していた時期もあったし、ヨットに住んでいたこともあり。一つ所に住んでいられない病気?

そんなのが60歳になって、いよいよ日本で家を買って落ちつこうと思ったわけ。
なんか、インターネット見てたら、中古住宅が安そうなので。
“日本に住む” というより、家を買いたくなったといったほうがいいか。

買うか借りるか

家を探すにも、とりあえず一旦どこかでアパート借りて住まないと。

ところが、日本では無職扱いの単なるくそジジイ扱いなので、アパート借りるだけでまず大変なんですよね。
くそジジイっつっても、これから現金で戸建てを買おうとしている男なんですよ。それが、アパートはなかなか借りられない。
よく「住宅は買うか借りるか、どっちが得か」なんて議論になっていますが、まず歳取っちゃうとそう簡単にはアパート貸してもらえないみたいなので、 “賃貸派” の方はお気を付けください。

いろいろ調べたら、URなら大丈夫そう。
UR都市機構。昔の日本住宅公団ですね。

UR賃貸住宅
UR賃貸住宅は礼金ナシ・仲介手数料ナシ・更新料ナシ・保証人ナシ。一人暮らしの方も子育てファミリーも、都心から郊外まで豊富な物件の中から抽選なし・先着順でお探しいただけます。

賃貸物件は日本中にあり。公団住宅のイメージからすると古くさいか、というとさにあらず。どこも十分綺麗です。そうか、イメージしてたのは県営住宅か。
その分、家賃はわりとお高めなのかもしれませんが、敷金2ヶ月分以外は、礼金、仲介手数料なし、保証人も必要なし。

ただし、基準月収額はあって、家賃が82,500円未満の物件だとその4倍。つまり、家賃7万円の物件なら月収28万円以上ないとダメってこと。結構だなぁ。家賃82,500円以上の場合は月収33万円以上。
厚生年金の平均受給額が166,000円といいますから……厳しいな。

ワタシなんか、過去10年日本では確定申告していなかったので、月収ゼロ。当然無理。
なんだけど、月収がこれに満たない場合でも、1年単位で前払いするか、家賃の100倍以上の預貯金があればオッケーです。

我が家は1年も住むつもりないので、家賃の100倍分の預金でクリアしました。

賃貸生活で人生全うしようとしている方は、このあたり御注意を。

やっぱ横須賀

ということで、最初に住んだのがUR住宅のサニーメゾン平塚です。
JR平塚駅からバスで15分、徒歩2分。まあ、辺鄙なところと言えばそうなんだけど。すぐ裏手には田んぼが広がって富士山はでっかくみえるし。相模川まで散歩で出られる。自転車で相模川沿いに海まで出て、海沿いに茅ヶ崎の方まで走ったり。良い所だったなぁ。季節もちょうど良い時期だったしね。

平塚のShonan BMWスタジアムはJリーグ 湘南ベルマーレの本拠地で、すっかりファンになっちゃって。
と、どこでも住むと満足してしまう性格みたいですが、今回は家を買うために日本に帰ってきたのだ。3LDKのアパートは、マレーシアから送った荷物で溢れているし。

で、探しましたよ。家を。
東は外房、西は静岡県の沼津から、下田も良いなとか伊豆の方も候補に入り。
いやいや、四国 徳島まで行ったなぁ。神戸までの高速道路が無料だったら、徳島にしてたな。

で、結局、横須賀にしたんですけど。
ヨット関係の仕事をしているので、やはり相模湾はいろいろルートが多く。これまで一番長く住んだのは葉山。葉山だけでも4軒引っ越したな。うん。。
横須賀に住むのは初めてだけど、葉山時代も、買い物とかは横須賀まで行ってました。逗子、鎌倉方面にはショッピングモールみたいのなくて。だから馴染みはあった。
いや、もちろん、逗子、葉山も物件は探したんだけど。
横須賀の方が値段のわりに広々していて、毎日東京に通うならまだしも、家で生活するぶんには十分便利だなと思いまして。簡単に言えばコスパが良いってことかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました