スポンサーリンク

【VG2020】〈INITIATIVES-COEUR〉Sam Davies

ヴァンデグローブ(VendéeGlobe 2020-2021)参加艇紹介。
〈INITIATIVES-COEUR〉のSamantha Daviesは46歳の英国人。ですが、今回出場している〈PURE-BEST WESTERN〉のRomain Attanasio(43歳♂仏)と御夫婦で、フランスに住んでいるもよう。

© Maxime Horlaville / Polaryse、© Eloi Stichelbaut / Polaryse

子供が大きくなったので、夫婦でレースに復帰した。……って、1人乗りの世界一周レースに別々に出るか? なんかスケールの違う御夫婦です。

男女同権

このレース、男女の区別がありません。
「ヴァンデグローブ 2000-2001」では、当時24歳だった英国女性Ellen MacArthur(エレン・マッカーサー)が2位になっています。このときの優勝はあの重鎮、Michel Desjoyeauxですから。遅れること1時間でのフィニッシュはすごい。
Ellen MacArthurはその後、2005年に1人乗り世界一周のスピード記録も打ち立てています。 “女性として” の記録ではなく、性別無関係の1人乗り世界記録です。霊長類最速ということになるか。

で、こちら、Samantha Daviesは「ヴァンデグローブ 2008-2009」で4位と記録されています。
実際は3番目にフィニッシュしたのですが、4番手として48時間40分後にフィニッシュしたMarc Guillemot〈Safran〉が、南氷洋で遭難した〈Generali〉のYann Elièsを救助するために失った50時間の救済を認められ、逆転3位に。また、同じ救助作業でヨットを壊しリタイアとなった〈PRB〉Vincent Riouがやはり救済で3位になってます。つまり3位が2人の4位ってことか。
と、ちょっとミソがついたかたちにはなりましたが、このときの優勝がやはりMichel Desjoyeauxで、2位のArmel Le Cléac’hに次いで3着フィニッシュですから、これもすごい。紅白歌合戦でいえば、北島三郎、五木ひろし、八代亜紀って感じ。

続く「2012-2013」は〈Savéol〉で出場も、スタート5日後にディスマストでリタイア。残念。

これでめげずに、フルクルー帰港型の世界一周レース「Volvo Ocean Race(ボルボオーシャンレース)2014-2015」には全員女性からなる〈Team SCA〉のスキッパーとして出場。第8レグでは優勝してます。

とはいえ、フルクルーの「ボルボオーシャンレース」ではやはり全員女性だとかなり差がでてしまうので、「ボルボオーシャンレース 2017-2018」からは、男女混合になりました。男7人+女2人とか。1艇に男女が乗り込むスタイル。

国際セーリング連盟(WS:World Sailing)では、セーリング競技人口の男女比を1:1にしようという目標があり、オリンピック種目でも、男女別の種目とは別に男女ペアで乗る種目も増やしています。

そんな中「ヴァンデグローブ」では女性クラスは設けず。男女関係無しの着順勝負。女性部門の優勝なんてチンケな賞はいらない、と。北島三郎と八代亜紀、どっちが大トリをつとめるか、って話なわけで。
今回のエントリー33艇中6人が女性です。その中の、筆頭株がこちらSamantha Davies。夫婦別々に出ているってのが、やっぱすごいよなぁ。

チーム名が難しいので

〈INITIATIVES-COEUR〉はイニシアチブスス・クール……でいいのか?
下の動画で参加全艇を紹介している赤ジャンのお兄さんは「インセプティクェ」みたいに発音してます。この赤ジャン、〈INITIATIVES-COEUR〉チームの人みたいなんで。それに倣うべきか。

Visite guidée des pontons du Vendée Globe

INITIATIVES-COEUR自体は、ボランティア組織みたいですね。

Initiatives-Cœur defies the oceans to save children
The Initiatives-Cœur boat travels the ocean wide to save children with heart diseases.

スポンサーになっているのは、こちらK•LINE。サッシメーカーか。

Fabrication de fenêtre - K•Line - Les fenêtres qui simplifient votre vie
Pour la fabrication de vos fenêtres, faites confiance à K•Line, fabricant de fenêtres isolantes aux normes RT2012. Luminosité et design garantis.

あとの2社はIT企業ですか。

Initiatives - Financer un projet scolaire, sportif, associatif
Grâce à nos solutions clés en main : Tombolas, loto, vente de chocolats et de fleurs, calendriers personnalisés, porte clés… financez vos projets scolaires, sp...
Homepage
VINCI Energies intervient au plus proche de vous chaque jour. Domaines d’activité, réalisations, enjeux de société ou offres d’emploi : découvrez le Groupe.

うーむ、〈INITIATIVES-COEUR〉はカタカナ化しずらいので、レース中の実況では、サマンサ・デービスでいこうと思います。すごい有名な人みたいで、サム(Sam)といえばこの人を指すもよう。

低いマストは有利なのか

その〈INITIATIVES-COEUR〉。艇は、VPLP-Verdierデザインで2010進水。
オリジナルは、「ヴァンデグローブ 2008-2009」に〈Foncia〉で優勝した重鎮Michel Desjoyeauxが、レース後に建造した〈Foncia 2〉。どこかで「〈Foncia 2〉で優勝」って書いてしまいましたが、あれは間違い。〈Foncia 2〉はすぐに〈Banque Populaire〉となってArmel Le Cléac’hが乗り「ヴァンデグローブ2012-2013」で3位。さらに「2016-2017」では、〈Maître CoQ §〉となって Jérémie Beyouが高木ブー伝説(3位)を達成。と、血統書付きの名艇です。

それだけ古いということですが、今回の「ヴァンデグローブ2020-2021」に向けて大改造。2020バージョンの大きなフォイルをつけてます。もうフォイルというより、羽根って感じ。飛行機の翼。
で、上の動画の赤ジャンの話では、一番の違いは他艇よりマストが1m短いことだそうな。フランス語でフォアンフォアン言ってますが、英語に自動翻訳するとだいたい解ります。

なぜ短くしたか、
どうせリーフして走るんでしょってことで、マストが短い分キールが軽くて済むし。空気抵抗も少ないし。という理屈のようです。
エントリーシートのデータでは、「Mast height: 29m」と、他艇と変わらないんですけど。チームの赤ジャンが言ってるんだから、確かでしょう。

で、改造の結果はどうか、というと、これも7月の「Vendée-Arctique レース」では、後半ググーっと伸びて、堂々の4位に入ってます。ボートスピードにぬかりなし。いくぞ、サム。

コクピットの形状を見ると、やっぱ古い設計だなって思いますね。まるまるむき出し。
ただ、屋根の部分が後ろにスライドするもよう。
で、前回は、この巨大なトラベラートラックがトラブって、南氷洋の島影でメインセールを降ろして修理した、なんて事件もありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました