スポンサーリンク

ヴァンデグローブ第2幕 〈HUGO BOSS〉修理完了

1人乗り無寄港世界一周レース「ヴァンデグローブ」は3週目に入り、第2幕:混迷の南大西洋はますます混迷を極め、先頭集団は右往左往しています。
後続艇団も赤道収束帯で2分したようです。

というところで、船首の縦通材(longitudinal beam)を修理していた〈HUGO BOSS〉のアレックス・トムソンが修理を終えて戦線復帰です。
修理中の動画が入っているので、貼っておきます。

Onboard Update: Repairs Under Way
Onboard Update: Repairs Under Way Part 2
Onboard Update: Sailing once again!

これは大仕事ですね。こういうのは動画で見せて貰うのが一番。
早い段階で見つけ、修理できてラッキーというくらい。
同じVPLPデザインだと構造計算も似たようなものでしょうから、第9世代のVPLP艇は気になるでしょうねぇ。

と思って改めてみたら、今トップ争いをしている〈APIVIA〉〈LinkedOut〉はVerdierデザインなんですね。
VLPLの第9世代は、〈DMG MORI GLOBAL ONE〉〈CHARAL〉〈HUGO BOSS〉は「VPLP – Alex Thomson Racing (led by Pete Hobson)」となっているので、またちょっと違うのかも。

ボリスのヨット教室

モナコ公のお友達、ボリス・ハーマンがセールチェンジのダンドリ動画をアップしているので、こちらも紹介しておきます。

Day 15 – 20:30 – Boris shows us the procedure of a sail change – PART 1
Day 16 – Boris shows us the procedure of a sail change – PART 2

なかなか面白いです。やっぱりハリヤードはデッキで緩められるようになっているんですね。
PART 3はそのうちアップされるようですが。
これ〈HUGO BOSS〉みたいに、密閉型のコクピットだと、船内外を行ったり来たりするの大変そう。

いやしかし、レース中に動画も撮らなきゃならないって、世界一大変なプロスポーツ選手といえるかも。

追伸

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

IMOCAの依頼で気象リサーチのブイを海に投下とあるけれど、後続艇がぶつかってフネが壊れたりしないんだろうか? 他艇もやっているもよう。

1つ前の記事は↓こちら

次の記事は↓こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました